質問:
ドップラー効果とは別に、遠方の銀河で観測された赤方偏移について別の説明がありますか?
Eduardo Serra
2014-03-15 20:56:09 UTC
view on stackexchange narkive permalink

オリジナルのコスモスTVシリーズのエピソード10で、カールセーガンは、遠方の銀河で観測された赤方偏移がビッグバンの証拠であることに同意しない科学者もいると述べ、おそらくドップラー効果がこの効果の原因ではないと述べています。他にどのような説明がありますか?

代替案は、それらの銀河の年齢による実際の波長シフトであるシフトの周りでした。しかし、議論がこれ以上積み重なるかどうかはわかりません(そして議論するのは常に少し困難でした)
オリジナルのコスモスTVシリーズは80年代のものです。それ以来、宇宙論では多くのことが発見されてきました。
二 答え:
#1
+5
Sirius
2014-03-20 16:07:21 UTC
view on stackexchange narkive permalink

疲れた光は以前に説明として使用されていました。これにより、光は宇宙を移動するときにエネルギーを失います---一種の抗力効果。

最近では、実際にサポートしている人はいないと思います。

特に、インフレーション理論に対する新しい重力波観測サポートを考えると。
#2
+1
chou
2019-04-09 23:27:27 UTC
view on stackexchange narkive permalink

宇宙論では、赤方偏移への主な貢献は宇宙論的赤方偏移でしょう。つまり、ハッブルフローによって発生する赤方偏移です。ハッブルの法則によれば、

\ begin {equation} v = H_0 d \ end {equation} span>さらに2つのオブジェクトは互いに離れています。彼らが速く動いている。もちろん、これはすべて、広く受け入れられている $ \ Lambda CDM $ span>モデルなど、膨張宇宙を前提としています。

ハッブルの流れはある意味「速度」の一種ですが、この速度は光速よりも速い場合があります。これは主に、2点間の空間が拡大し、光の波長が伸びているためです。

重力赤方偏移もあります。これは、重力が時空に及ぼす影響によって発生します。光の波長を伸ばすことができる何かが赤方偏移を引き起こす可能性があると考える方が良いかもしれませんが、引っ張るだけでその後にできるような神の手が存在するとします。 光の波を伸ばすと、赤方偏移も発生します。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...